ジュニアNISA

ジュニアNISAのポイント

  1. 日本に住む未成年者(0~19歳)が対象
  2. 親権者等が代理で運用管理
  3. 毎年80万円の非課税投資枠(最大400万円)※
  4. 投資をはじめた年からそれぞれ最長5年間の非課税期間
  5. 18歳までは払出しに制限

※2016年以降の5年間・毎年80万円ずつ投資した場合

"ジュニアNISA"と"NISA"の比較

  ジュニアNISANISA
利用できる方※1 0~19歳の日本居住者等 20歳以上の日本居住者等
非課税投資枠 年間80万円 年間120万円
投資可能期間 2016年4月から2023年12月末まで 2023年12月末まで
非課税期間 最長5年間
非課税対象商品※2 上場株式・株式投資信託等
運用管理 親権者等※3が代理で行う 本人が行う
払出し制限 原則、18歳まで払出し不可※4 制限なし
金融機関の変更 不可
  • ※1 NISA口座・ジュニアNISA口座を開設する年の1月1日現在。
  • ※2 当行で取扱いをしているジュニアNISA対象商品は株式投資信託です。
  • ※3 法定代理人(=親権者)または二親等以内の親族。
  • ※4 原則として18歳までは払出すことができません。それ以前に払出す場合は、災害等の場合を除き、ジュニアNISA口座は廃止され、過去に非課税とされた配当金等や譲渡益に対して課税されます。

ジュニアNISAのイメージ

ジュニアNISAのイメージ

よくあるご質問

Q1.ジュニアNISA口座は1人1口座しか作れないのですか?
A1.はい。ジュニアNISA 口座は、すべての金融機関を通じて1 人につき1 口座しか開設できません。
Q2.ジュニアNISA口座を開設している金融機関を変更できますか?
A2.変更できません。
Q3.ジュニアNISA口座で、ある年に60万円しか使わなかった場合、残りの20万円を翌年に繰り越すことはできますか?
A3.できません。非課税枠の未使用分を翌年に繰り越すことはできません。
Q4.子ども自身に運用を行わせたいのですが?
A4.原則として未成年者の方の口座開設ならびに運用・管理は親権者等の方が代理で行うこととなります。
Q5.ジュニアNISA口座で保有する投資信託はいつでも売却できますか?
A5.いつでも売却できます。(市場が休場の場合等を除く。)ただし、売却資金については18 歳になるまで原則として払出しを行うことができません。

パターン1:子どもが20歳になる前に制度が終了する場合
jnisa_11_160202.png

パターン2:制度が終了する前に子どもが20歳になる場合
jnisa_13_160202.png

ジュニアNISAのお申込みに必要な書類 (以下の書類すべてが必要となります)

ジュニアNISA口座は、未成年者(お子さま)の名義での開設となります。

  1. 口座開設名義人のご本人さま確認書類(健康保険証等)
  2. 口座開設名義人ご本人さまのマイナンバー確認書類(番号通知カード・個人番号カード等)
  3. 口座開設にあたってお届けいただくご印鑑
  4. 親権者等のご本人さま確認書類(運転免許証等)
  5. 親権者等と口座開設名義人との続柄を確認できる書類(住民票等)

投資信託についての留意点 ご注意ください(必ずお読みください)

投資信託に係るリスクについて

  • 投資信託の基準価額は組み入れ有価証券等の値動きにより変動するため、お受取金額が投資元本を割り込むリスクがあります。
    外貨建て資産に投資するものは、この他に通貨の価格変動により基準価額が変動するため、お受取金額が投資元本を割り込むリスクがあります。これらのリスクはお客さまご自身が負担することとなります。

その他のご注意点について

  • 投資信託は預金ではなく、預金保険制度の対象ではありません。
  • 当行で取扱う投資信託は、投資者保護基金制度は適用されません。
  • 投資信託は金融機関の預金と異なり、元本や分配金の保証はありません。また、利回り保証もありません。
  • 当行は投資信託の販売会社です。投資信託の設定および運用は投資信託委託会社が行います。
  • 個人のお客さまの場合、原則として満20歳以上のご本人さまによるお取引とさせていただきます。(ジュニアNISAの場合を除きます)
  • 投資信託は、金融商品取引法第37条の6(書面による契約解除)の規定の適用(いわゆる「クーリング・オフ」の適用)はありません。
  • 当行での投資信託のご購入または不購入が、お客さまとの他のお取引(ご預金、ご融資等)に影響を及ぼすことはありません。
  • 投資信託における手数料等についても、事前に必ずご確認ください。

ジュニアNISAに関する留意点 ご注意ください(必ずお読みください)

  • ジュニアNISA口座を開設しようとする年の1月1日において満20歳未満である方、およびその年に出生した方で、日本国内にお住まいの方が対象です。
  • ジュニアNISA口座はすべての金融機関を通じて1人につき1口座しか開設できません。また、NISA口座と異なり金融機関の変更はできません。
  • 当行で取扱いをしているジュニアNISA対象商品は株式投資信託です。
  • 当行で取扱いをしている投資信託はすべてジュニアNISA対象商品です。(税法上の株式投資信託のみ取扱っています)
  • ジュニアNISA口座内の損失は、ジュニアNISA口座以外の口座(特定口座や一般口座)で保有する有価証券の売買益や配当金等との損益通算はできず、その損失の繰越控除もできません。
  • ジュニアNISA口座で保有している投資信託等を一度売却すると、その非課税投資枠の再利用はできません。
    また、年間80万円までの非課税投資枠のうち、未使用分を翌年以降に繰越すことはできません。
  • 投資信託における分配金のうち元本払戻金(特別分配金)は、そもそも非課税でありジュニアNISAの制度上のメリットを享受できません。
  • ジュニアNISA口座の口座名義人が18歳まで(※)は、原則として払出すことができません。それ以前に払出す場合は、ジュニアNISA口座は廃止され、災害等の場合を除き、過去に非課税とされた配当金等や譲渡益に対して課税されます。
    ※その年の3月31日時点で18歳である年の前年12月31日まで
  • 今後、法令・制度が変更された場合、内容が変更となる可能性があります。

●株式会社阿波銀行 登録金融機関:四国財務局長(登金)第1号 加入協会:日本証券業協会

あわぎんお客さまサポートセンター
当資料は作成時点における法令その他の情報に基づき作成しており、
今後の改正等により取扱が変更となる場合があります。
(平成28年1月4日現在)

店舗・ATM検索 金利一覧 手数料一覧 マーケット情報 基準価額 ご相談お問い合わせ

TOP