ホーム > 過去のお知らせ一覧 > 2013年のお知らせ > お知らせ201306 > 公益財団法人阿波銀行学術・文化振興財団 第18回助成式開催について

公益財団法人阿波銀行学術・文化振興財団 第18回助成式開催について

 

平成25年06月18日

 

 公益財団法人阿波銀行学術・文化振興財団(理事長 古川武弘阿波銀行相談役、基本財産3億円)は18日、午後2時からあわぎんホール4階会議室において、第18回助成式を開催いたしました。今年度は、学術部門の地域共同研究助成として3件・200万円、徳島大学研究開発助成として4件・160万円、また文化部門の文化活動助成として17件・190万円、地域文化交流助成として4件・75万円、総計28件・625万円の助成を行いました。

 平成25年1月から3月にかけて第18回の助成申込みを公募したところ、学術部門に25件(うち地域共同研究助成3件、徳島大学研究開発助成22件)、文化部門の文化活動助成に48件の合計73件と多くの申込みをいただきました。これら応募案件は、6月5日に開催された「選考委員会(各分野の県内第一人者20名によって構成)」の厳正な審査を経て、助成対象者ならびに助成額が決定されました

 当財団は、永続的に地域の産業・学術・文化の発展に資することを目的とし、平成7年1月に設立されました。過去の助成実績は以下のとおりです。
 

■ 過去3年間の助成実績                    (単位:件/万円)

 

学 術 部 門

文 化 部 門

合   計

平成23年度

7 / 330

17 / 225

24 / 555

平成24年度

7 / 340

17 / 225

24 / 565

平成25年度

7 / 360

21 / 265

28 / 625

過去18回総合計

154 / 8,730

316 / 5,842

470 / 14,572

 

 当財団では、今後も助成活動を実施してまいります。阿波銀行は、当財団の助成を一つの契機として、新しい技術開発に積極的に取組み、徳島経済の牽引役となる企業を数多く輩出したいと考えております。また、幅広い文化活動を振興することにより、徳島県の芸術・文化活動が豊かに育まれていくよう、様々な角度から地域の振興に努めてまいります。


※詳細については、添付ファイルをご覧ください。



acro.gif 第18回助成 (176.73KB)

店舗・ATM検索 金利一覧 手数料一覧 マーケット情報 基準価額 ご相談お問い合わせ

TOP