ホーム > 過去のお知らせ一覧 > 2013年のお知らせ > お知らせ201311 > 6次産業化ファンド『あわぎんアグリファンド』の設立について

6次産業化ファンド『あわぎんアグリファンド』の設立について

 

平成25年11月11日

 

 阿波銀行は、農林漁業の6次産業化に取組む生産者および事業者を支援するため、総額10億円の「あわぎん6次産業化投資事業有限責任組合(愛称:あわぎんアグリファンド)」を本日付けで設立しましたので、下記のとおりお知らせいたします。

 当ファンドは、当行と阿波銀ビジネスサービス株式会社および株式会社農林漁業成長産業化支援機構が共同出資により組成した「地域ファンド」であり、投資対象は、農林漁業者と2次・3次産業の事業者(パートナー企業)がそれぞれの技術やノウハウを持ち寄り、6次産業化事業に取組むため、新たに設立した合弁事業体となります。

 地元徳島をはじめ関西・関東地区にも営業網を持つあわぎんグループのネットワークを活用して、ビジネスマッチング等を実施することにより、みなさまの6次産業化事業への取組みを積極的にサポートしてまいりますので、お気軽にお近くの支店または本店第二営業部にご相談ください。


 当行では、今後とも、多様化するお客さまの資金調達ニーズに積極的にお応えすることにより成長の一翼を担い、地域経済の活性化に貢献してまいります。


 

■概要

1.ファンド名 あわぎん6次産業化投資事業有限責任組合
(愛称:あわぎんアグリファンド)
2.設立日 平成25年11月11日
3.ファンド総額 10億円
4.運営事業者 阿波銀ビジネスサービス株式会社
5.出資者 株式会社阿波銀行 490百万円
阿波銀ビジネスサービス株式会社 10百万円
株式会社農林漁業成長産業化支援機構 500百万円
6.投資対象 6次産業化法の認定を受けた6次産業化事業体で、構成する農林漁業者またはパートナー企業のいずれかもしくはその両方の営業拠点(本店含む)が当行の営業エリア内にある先
7.投資期間 最長15年
8.照会先 阿波銀行本店第二営業部法人営業課
電話 088-656-7739
6次産業化 … 1次産業である農林漁業者が、その生産だけにとどまらず、加工食品の製造(2次産業)や小売・卸売など(3次産業)に取組むことで、新たな付加価値の創造につながるとした考え方。



※スキーム図、当行の地域活性化に関する取組みについては、添付ファイルをご覧ください。



acro.gif スキーム図 (135.86KB)

店舗・ATM検索 金利一覧 手数料一覧 マーケット情報 基準価額 ご相談お問い合わせ

TOP