ホーム > 過去のお知らせ一覧 > 2014年のお知らせ > お知らせ201411 > 「あわぎんアグリファンド」の第1号案件への出資決定について

 

平成26年11月06日

 

 株式会社阿波銀行、株式会社農林漁業成長産業化支援機構、阿波銀ビジネスサービス株式会社が出資し、平成25年11月に設立した『あわぎんアグリファンド(正式名称:あわぎん6次産業化投資事業有限責任組合)』は、この度、第1号となる出資案件を決定しましたのでお知らせいたします。

 なお、本件は徳島県内金融機関としても初めての出資案件となります。

 当ファンドは、今後とも6次産業化事業体への出資・経営支援を通じ、農林漁業の成長産業化を図ることで、地域経済活性化や地域の雇用創出に向けて積極的に取組んでまいります。


 

【出資案件の概要】

出資先名 株式会社はらだ牧場
代表者名 原田 剛
所在地 徳島県美馬市脇町字西赤谷20番地1
出資決定額 50百万円
出資予定 平成26年12月
事業内容 ・株式会社はらだ牧場は、徳島県内有数の養豚事業者である原田養豚場(代表 原田茂)らが設立し、自ら生産した豚肉を活用した飲食店を県内外で運営する会社(6次産業化事業体)です。
・ 徳島県のブランド豚「阿波ポーク(※)」を安心・安全に、そして鮮度の高い良質のまま消費者に提供することで、「阿波ポーク」の販売拡大および事業の付加価値向上をめざします。
・ 本件の資金を活用しながら、店舗数を拡大することにより、豚肉をはじめとした地域の農産物の生産拡大と雇用創出にもつなげていく予定です。
「阿波ポーク」は、徳島県の推進する阿波畜産ブランドのひとつであり、阿波ポークブランド確立対策協議会が指定する農場において飼育管理マニュアルに基づき生産され、その肉質は、風味があり肉と脂肪の甘み、うま味に優れていると評価されています。



【ご参考:本件のスキーム】

news261106.jpg

 

店舗・ATM検索 金利一覧 手数料一覧 マーケット情報 基準価額 ご相談お問い合わせ

TOP