あわぎん 金融機関コード0172

 

ホーム > 採用情報TOP > 先輩の声 マネーアドバイザー
先輩の声VOICE
r-senpaip2_2019.jpg

自分らしく働ける職場で、地域を支える仕事がしたい。

地元徳島への強い想いがあり、Uターン就職を希望。幼い頃から看板をよく目にしていたあわぎんに親しみを感じていましたが、就職先として選んだのは仕事内容に惹かれたからです。会社経営をしている知人がいたため、地方都市における地銀の役割の大きさを実感していました。そのため、地域の人や企業をサポートするという仕事に大きな魅力を感じました。また、就職活動中はさまざまな企業にアプローチしましたが、将来のビジョンが一番描きやすかったのがあわぎんでした。面接中に志望動機を確認しながら自分のやりたいことを引き出してくれたことは、嬉しい驚きでした。「こういうことをやってもらいます」というだけではなく、自ら取り組みたいことを後押ししてくれるあわぎんでなら、自分自身が主体的に成長していけると確信し、入行を決めました。

timetable-fjm.jpg

頼られる存在になることが、仕事の大きな喜び。

マネーアドバイザーとして、個人のお客さまに資産の運用をご提案する仕事をしています。扱う商品は、投資信託や保険、債券など。窓口での対応はもちろん、ご自宅にお伺いすることもあります。お客さまに電話でアポイントを入れてからご訪問するのですが、まずはお客さまとの信頼関係を築くことからスタートします。何度も足を運ぶうちに、だんだんと相談していただける関係になるのです。最近では、資産運用を担当しているお客さまから、お子さんやお孫さんのための贈与のご相談をお受けしました。営業をしていて一番嬉しいのは、ずっと心を動かしてくださらなかったお客さまに選んでいただける瞬間です。私のいまの目標は、ひとりでも多くの方に“あわぎんファン”になっていただくこと。そのために、資格試験にも積極的にチャレンジし、お客さまへの提案の幅を広げています。
r-senpaip23_2019.jpg

誇りをもって、チームプレーができる職場。

何かあったときは必ず誰かが助けてくれる、そういう風土があわぎんの魅力。これは、お客さまや自分のためだけに仕事をするのではなく、同僚や店全体のためにがんばろうという気持ちが土台となっています。営業メンバー全員で提案内容を考えることもあるほど、仲間同士の絆は深い。だからこそ、自分自身がステップアップできる仕組みを活かして力をつけ、その力でチームに貢献するということが私のモチベーションです。みんなで一緒に成長していくという風土が根づいたあわぎんだからこそ、自分も成長していけると感じています。