あわぎん 金融機関コード0172

 

ホーム > 採用情報TOP > 先輩の声 マネーアドバイザー
先輩の声VOICE
先輩の声

きっかけは、ボランティア。地域を引っ張る仕事がしたい。

学生時代に夢中になったのは、地域の特産品を商品化するボランティア。活動を進めるうちに、各地域の特産品や特徴を生かして、地域活性化のサポートをしたいという思いを持つようになりました。そんな時、あわぎんが『とくしまマルシェ』に協賛していることを知り、地元に貢献する姿勢に魅力を感じたのです。しかし、正直なところ、迷いはありました。就職活動中は、県外の企業にもアプローチしていました。迷った末、選んだのは、あわぎん。決断の決め手は、選考を通して私と触れ合ってくれた方々の真摯な姿勢です。私の迷いと伴走し、焦らずじっくりと時間を取って、最終的に、私が本当にしたい仕事を選ぶサポートをしてくださいました。ボランティアの経験から「地元経済の発展に貢献し、地域の活性化につながる仕事がしたい」という強い思いを確信できたのです。地元・徳島で地域を支え、引っ張っていけるあわぎんで、私自身も成長していきたいです。

先輩の声

お客さまの役に立つ仕事。それがマネーアドバイザー。

入行後は出納業務やATMの案内を担当しました。具体的には、ATM・両替機のチェック、入出金対応、夜間金庫の処理、閉店後の出納金額の確認や両替機の出金確認など。ATMの案内の際に、お客さまが自分の顔を覚えてくれていた時や相談を持ちかけてくれた時にやりがいを感じ、もっとお客さまの役に立ちたいと強く思うようになりました。そして、入行3年目からマネーアドバイザーの仕事を担当しています。マネーアドバイザーは、お客さまのライフプランに応じたアドバイスや、保険、投資信託といった金融商品をお客さまにご提案する仕事です。マネーアドバイザーになった最初の頃は、お客さまの質問にうまく答えられないこともありましたが、最近ではお客さまにとって最適なご提案を行い、感謝されることも増えてきました。お客さまの役に立って喜んでいただくことでやりがいを得るとともに、自分自身の成長を実感しています。今後は、保険に関する知識をさらに深めて、お客さまのあらゆるご要望に応えられるマネーアドバイザーになりたいと考えています。
先輩の声

一人ひとりとじっくり向き合う人間関係。仲の良い同期が宝物。

選考面接の際、一番時間が長く、私の本当の気持ちや良い面を引き出そうとしてくれたと感じたのがあわぎんでした。ピリピリとした緊張感がなかったため、本来の自分を見せることができたと思います。入行後は、先輩や上司の丁寧な気配りを実感しています。みんな忙しいはずなのに、困っていると、すぐに声をかけてくれたり、失敗時には、後で丁寧に教えてくれたり。「いつも見守ってくれている」と感じられる心強さは、大きな魅力です。また、あわぎんの同期は50〜60名位。ちょうど一人ひとりとじっくり話し合い、関係を構築していける人数だと思います。行内での情報共有はもちろんのこと、プライベートでの交流も盛んで、人間関係は◎。同期メンバーは、私の大切な宝物です。