あわぎん 金融機関コード0172

 

ホーム > 採用情報TOP > 先輩の声 企画業務
先輩の声VOICE
r-senpaip3_2019.jpg

地元・徳島に貢献しながら、キャリアアップできる環境に魅力。

地元が好きで、漠然と地元に貢献できる仕事がしたいと思っていました。学生時代から、働き手の流出による人口減少や高齢化の進行を肌で感じ、危機感を覚えていたからです。そんな時、学内就職説明会で立ち寄ったのがあわぎんのブースでした。そこで語られた県内店舗網維持への想い、ボランティア清掃、森林の植樹活動、小学生への金融講座などへの取り組みは、どれも地元愛を感じる内容でした。他社と比べて、業務に関することからも、それ以外のこともからも地元への想いを一番強く感じたのを覚えています。最も惹かれたのは、先輩行員から感じた地域の発展を支えていこうという気持ち。さらに、そんな組織でありながら県外への店舗展開にも積極的で、海外研修制度があることも知りました。あわぎんであれば、地元をベースに様々な場所で働くことができ、地元にも貢献できる。自分自身もキャリアアップしていく将来像を描ける。そう感じて入行しました。

timetable-omt.jpg

支店開設、海外勤務を経て、海外進出企業を支援。

県内外での営業を経て、開設メンバーとして横浜へ。融資案件を中心に顧客開拓を行いました。知名度の低いエリアでの仕事は大変でしたが、開設に立ち会えるチャンスは貴重。最初の担当となり、自分を起点にお付き合いが続く喜びを実感できました。その後、上海での勤務も経験。海外進出している日系企業のサポートを担当しました。為替リスクを抑えるための商品のご提案や関税・金融政策に関するトラブル解決などを手掛け、幅広い仕事を経験できたことは、大きな財産となっています。現在は、それらの経験を活かして本部での国際ビジネスの企画、推進業務を担当しています。具体的には、お客さまの海外進出支援や海外現地法人の資金調達のサポートなど、支店と連携した国際ビジネス全般のサポートを行っています。最近では、地元自動車部品メーカーの現地法人の立ち上げを支援しました。企業にとっての大きな挑戦に立ち会えることがやりがいにつながっています。

r-senpaip33_2019.jpg

温かな職場風土が、挑戦を後押ししてくれる。

前向きな挑戦に“はじめて”はつきもの。異動時などには、経歴は関係なく、分からないことが出てきます。しかし、あわぎんには困っている人をフォローする文化が根づいているので不安はありません。そんな温かい風土だからこそ、思い切った挑戦ができるのです。また、チャンスをつかむために、自分のしたいことをアピールしやすい環境が整っている点も大きな魅力です。「やってみたい!」と手を挙げることが新たな挑戦への第一歩となり、それを後押ししてくれる仲間がいるのがあわぎんの良さです。