あわぎん 金融機関コード0172

 

ホーム > 採用情報TOP > 先輩の声 経済研究所
先輩の声VOICE
先輩の声

自分が自分らしく働ける場所。それが、あわぎんでした。

就職活動中は、県内外の企業を問わず幅広くアプローチしていました。しかし、「どこで住みたいのか、何をしたいのか、誰に恩返しがしたいのか」を考えるにつれ、家族や友人たちがいる徳島で働くことを意識するようになりました。経済の血液である金融は、業種を問わず企業と関わることができます。あわぎんを選択したのは、地域の発展に貢献できると感じたため。また、選考の際、面接官の熱意や学生一人ひとりに対して親身になる姿勢に触れ、「こういう大人になりたい」と憧れたことも入行の決め手となりました。

先輩の声

「知識」と「人脈」と「経験」。すべてが自分の財産になる。

徳島経済研究所は、徳島経済に関する情報の収集と発信を行う公益財団法人です。入行後、内勤事務や融資業務、広告・宣伝業務を経験後、徳島経済研究所へ転勤し、地域経済や産業動向などの調査・研究を担当しています。現在は、農業に関するビジネスの業界動向などの調査を行っています。毎日が勉強の連続ですが、色々な情報、人脈、知識が得られるため、営業店とは違った仕事の面白さを感じています。調査や研究に取り組みながら、物事を多角的にとらえる力を養い、今後の銀行業務にも生かしていきたいです。

先輩の声

働く人の熱意に、万全のフォローで応えてくれる風土が魅力

あわぎんは、仕事への真剣な姿勢に、人も組織もしっかり応えてくれる職場です。「あなたならできるよ」と認めてくれる上司や、優しく教えてくれる先輩の存在があるから「やってみよう」と前向きな気持ちになれます。また、新入行員研修はもちろん、5年目までのフォロー研修などで銀行員としての基礎を学べ、無理なくステップアップしていくことができます。できることが一つずつ増えていくにつれ「地域にもっと貢献したい」「お客さまに喜んでいただける新しいサービスを生みだしたい」と夢が広がります。今は、研究員としての活動以外に「とくしまマルシェ」の実行支援委員として出店者さまのフォローを行いながら「徳島の活性化に貢献」という夢を実際にかなえることもできました。

先輩の声

どんな人に囲まれて、どんな仕事がしたいのかを考えよう。

就職活動をしていれば、うまくいかない時期もあります。また、社会人となった後も「自分には向いていない」「こんなはずじゃなかった」という思いが頭をよぎることもあるでしょう。しかし、どんな仕事であっても「ちょっとした楽しさ」や「小さなやりがい」を見つけることができます。そのためには、「大企業だから」と名前だけで会社を選ぶのではなく、「どこで住んで、どんな人に囲まれて、どんな仕事がしたいのか」を主体的に考えて欲しいと思います。あわぎんには、尊敬できる人や、大切な人に囲まれて自分らしくキャリアを積んでいける環境があります。あなたにとっての“一番”をぜひ、見つけてください。

マルシェ

「とくしまマルシェ」とは?

しんまちボードウォークにおいて、毎月最終日曜日に開催される食文化のイベント。 平成22年12月26日に徳島経済研究所が中心となって初めて開催されました。徳島県産の農産物や加工品をパラソルショップで販売し、徳島市内中心部の活性化に貢献しています。