あわぎん 金融機関コード0172

 

ホーム > 採用情報TOP > 輝く女性 支店長

輝く女性の活躍

佐古支店副支店長

全員が働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

支店長の仕事は、日々の支店運営に加えて営業推進や部下行員の育成など、多岐に渡ります。責任のある仕事で難しさもありますが、それ以上に充実感とやりがいを感じています。部下とお客さまを訪問するときは、これまで様々な業務に携わってきた経験を生かせています。決算書などの書面を通して企業を見る目を養うことができたこと、さらに事務の指導に携わる立場を経験していることが、今の自分を支えてくれています。現在は支店の全行員がいきいきと働ける職場づくりに取り組んでいます。支店で働く行員の笑顔が、お客さまの満足につながると考えています。

 

モチベーショングラフ

機会をポジティブに捉え、キャリアを積んでいける環境があります。

入行時「預金と融資、どちらをしたいですか?」と聞かれ、「両方です」と答えました。すると預金業務に始まり、ジョブローテーションで融資業務や事務部門などを経験させてもらいました。徳島経済研究所での論文執筆や、他行でシステムを学んだ時期もあります。初めての経験の連続でしたが、良い機会をもらったと考え、柔軟な姿勢を信条に目の前のことに集中する日々を過ごしてきたと思います。大切なのは、分からないことは「分からない」と言って教えを請うことです。正直、私は自分から手を上げるタイプではありません。それでも、変化をポジティブに生かすことでキャリアを積んでこられました。この環境こそが阿波銀行の魅力です。

写真

出会いに恵まれ、周囲に助けられ、今の私があります。

私が頑張ってこられたのは周囲の人々のおかげです。例えば、30代後半の頃、同期行員がステップアップしている中、伸び悩んでいた私に「この3年間は、みっちり融資やろう」と指導してくれた上司がいました。取引先のフォロー役として、会社の改善計画を作成させてもらったり、外部との交渉に同席させてもらったりと様々な機会を与えてくれたのです。今となっては、その時の融資業務経験が大いに役立っていると改めて実感しています。今、阿波銀行では「LIT(リット)」という女性向け融資集中トレーニングも行われています。経験がなくてもやる気があればチャンスを与えてくれ、また壁にぶつかった時は力を貸してくれる人が多い組織だと思います。これまでを振り返ってみても、行く先々で人に恵まれてきました。支店長を任された今、次は私が誰かの可能性を引き出す番。誰かの成長のきっかけになろうと思っています。

周りの人から見た魅力