あわぎん 金融機関コード0172

 

ホーム > 採用情報TOP > 輝く女性 支店長代理

輝く女性の活躍

支店長代理

経験を伝え、一緒に考える。部下の成長が一番の喜びです。

窓口担当者が処理した伝票に間違いがないかを検証したり、フォローを行ったりと、営業店の窓口業務を支える仕事をしています。現在の支店は若い行員が多いため、丁寧な指導を行うことを意識して育成に取り組んでいます。私自身、長く営業をしていましたので、お客さまのニーズを経験から察知することができます。そんな時には、部下にそっとアドバイスし、行動させてみます。もちろん、私が提案している姿を手本として見せることもありますが、自分のやり方を押し付けるようなことはありません。どうすれば、部下一人ひとりの持ち味が生きるのかを一緒に考えるようにしています。成功体験を重ねるたびに成長する部下の姿は頼もしく、またチーム一丸となって仕事をするという達成感を得られることが、仕事のやりがいです。
 

モチベーショングラフ

挑戦を後押しし、見守ってくれる環境があります。

“銀行に行く”ということを、何となく敷居が高いように感じているお客さまがいることを知り、当時の支店長からの後押しもあって、来店誘致を目的としたイベントを企画。内容はピラティス、クリスマスツリー作りなど、銀行には関係ないものもありました。また、地域イベントに毎月参加するなどして、地域貢献を重ねて地域の方との交流を深めていきました。結果、来店されるお客さまのほぼ全員が知り合いという状態になり、何でも気軽に相談してもらえるような良好な関係を築いていくことができました。「地域を支えることが将来的に銀行のためにもなる」という経験は、現在の支店においても活かされています。このように、阿波銀行には手を挙げれば、信じて任せてくれる環境があります。困ったことがあれば相談し、サポートしてくれる上司もいるため、思い切って踏み込んだ仕事に挑戦できるのが大きな魅力です。

写真

どんなときでも、支えてくれる仲間がいます。

私は2度の育児休暇を経て、職場復帰をしました。当時は、いまのようにeラーニングなど復帰に向けたインフラも十分には整っていませんでしたが、休日に先輩が家に来てくれて、支店の状況や育休前とは変わった新しい業務知識、子育てする女性に役立つ制度などを教えてくれたため、安心して仕事に戻ることができました。仲間同士で支えあう雰囲気が根づいていることは、いまも昔も変わりません。家族が倒れて介護が必要になったときも、上司や同僚が笑顔でサポートしてくれたため、キャリアを諦めることなく今日まで働き続けることができました。どんなときであっても、支えてくれる仲間がいるのが阿波銀行の良さです。

周りの人から見た魅力