あわぎん 金融機関コード0172

 

ホーム > 採用情報TOP > ワークライフバランス

ワークライフバランス

ワークライフバランスの推進

少子高齢化が急速に進む現在の日本では、生産年齢人口の減少に歯止めをかけるため、女性の社会進出に大きな期待が寄せられています。男女が共に活躍する職場づくりは、企業にとって先送りにはできない課題であり、地域の発展を願う私たち阿波銀行も率先して取り組んでまいります。

■阿波銀行従業員の状況(単体)

人数
822名
493名
1,315名
平均年齢
43.9歳
37.9歳
41.6歳
平均勤続年数
20.9年
15.9年
19.0年

■仕事と家庭の両立支援制度

女性の活躍の場を広げるとともに、ライフイベントによる退職を減らすことで、長期的にキャリア形成できる環境づくりを目標としています。具体的には、(1)女性管理職の増加、(2)女性職務範囲の拡大、(3)育児休暇、短時間勤務利用者の増加、(4)総労働時間の短縮、(5)休暇取得率の向上等の数値目標を掲げ、各施策に取り組んでいます。

  1. 項目
  2. 内容
妊娠期
・産前休暇(出産予定日までの6週間(多胎妊娠の場合は14週間))
・産後休暇(出産後8週間)
育児期
・育児休暇(子が満3歳に達する日を限度)
・育児短縮勤務(小学3年生終了時前までの子を養育する職員)
・子の看護休暇(小学校の始期に達するまでの子)
・育成支援手当(満23歳未満の扶養する子を有する場合)
介護期
・短期介護休暇

■外部からも、「働きがい」や「働きやすさ」で高い評価をえています

平成11年 企業均等推進企業 労働大臣努力賞を受賞

女性の能力発揮の促進に関して、現状の問題点の分析、具体的取組計画を策定し、女性を育成するための融資相談基礎研修の実施、女性の業務拡大のための新分野への登用、女性の活用についてのコンセンサスづくり等に取り組んでいます。その結果、女性の平均勤続年数は15.9年(平成28年3月末現在)と、地銀の女性平均勤続年数11.8年(平成25年4月厚生労働省調べ)を上回っています。 上記が認められ、企業均等推進企業 労働大臣努力賞を受賞しました。
厚生労働省HP  http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/kintou/jyusyou99.html#06

平成22年 次世代認定マーク「くるみん」を取得

r-kosupport.jpg

次世代育成支援対策推進法に基づく認定を取得しています。
これは、平成17年4月から平成22年3月までの子育て支援に向けた一般事業主行動計画「阿波銀行行動計画」を策定し、子育て支援に積極的に取り組んだ結果、計画に定めた目標を達成したことによるものです。