ホーム > 過去のお知らせ一覧 > 2010年のお知らせ > お知らせ201001 > 平成22年3月期 第3四半期決算短信の開示について

平成22年3月期 第3四半期決算短信の開示について

 

平成22年01月29日

 

 株式会社阿波銀行は本日、平成22年3月期 第3四半期(平成21年4月1日~平成21年12月31日)の決算短信を発表いたしました。



1. 単体主要計数
  平成22年3月期 第3四半期の銀行単体の主要計数は次のとおりです。
  平成22年3月期
第3四半期
(9ヵ月間)
平成21年3月期
第3四半期
(9ヵ月間)
前年同期比 平成22年3月期
通期業績予想に
対する進捗状況
コア業務純益 143億92百万円 134億6百万円 9億86百万円 増加 78.2%
経常利益 54億89百万円 20億67百万円 34億22百万円 増加 84.4%
四半期純利益 36億23百万円 18億49百万円 17億74百万円 増加 90.5%

  平成21年12月末 平成20年12月末比
預金末残(譲渡性預金を含む) 2兆3,523億円 521億円 増加
貸出金末残 1兆6,020億円 375億円 減少
 (うち中小企業等貸出金) 1兆4,453億円 188億円 減少

 
2. 決算ハイライト
  金利低下の影響等により、資金利益が前年同期比3億円減益となったものの、経費の削減に徹底して取組んだ結果、コア業務純益は同9億円増益
  上記に加え、市況の回復による有価証券関係損益の改善等により、経常利益は前年同期比34億円、四半期純利益は同17億円といずれも大幅な増益
  通期業績予想に対する進捗率は、コア業務純益が78.2%、経常利益が84.4%、四半期純利益が90.5%と、いずれも計画を上回るペースで推移
  預金は個人・法人ともに順調に推移し前年同期比521億円増加、一方、貸出金は景気低迷の長期化等を背景に前年同期比減少となる
  平成22年3月末の連結自己資本比率は、11.8%程度、連結Tier1比率は、10.0%程度と引続き高い水準を堅持する見込み


※詳しくは決算短信をご覧ください。

店舗・ATM検索 金利一覧 手数料一覧 マーケット情報 基準価額 ご相談お問い合わせ

TOP